Maker  KUBOTA-UNDOUGUTEN(久保田運動具店)

取扱メーカーご紹介 久保田運動具店

 

株式会社久保田運動具店

http://www.kubota-slugger.co.jp/

 

企業概要

商号は株式会社久保田運動具店。通称の久保田スラッガーでよく知られている。また、グラブに最も力を入れている野球用品メーカーで、すべてが手作業で作られるそのこだわりとクオリティの高さからプロ野球選手でも「グラブだけは久保田スラッガー」という選手が大勢いる。

その他に現在ではメジャーなグラブの型付け方法として広まっている、新品の硬いグラブを早く使用するためにグラブを湯(40℃程度)に浸けて型をつける「湯もみ型付け」という斬新な型付け方法を生み出した元祖のメーカーでもある(開発者は現福岡支店長の江頭重利)。

また2006年に発売になったグラブの皮を使用したバッグは、松坂大輔や松井稼頭央、赤田将吾の使用で埼玉西武ライオンズを中心にプロ野球選手、野球ファンに広まった。

かつて、南海ホークスのユニフォームをダイエーへの譲渡直前まで納入していた。1980年のホーム用と1984年以降のビジター用はデサントが製造し、納入を久保田スラッガーが行っていた(タグが両社の連名)。それ以外は久保田スラッガーの自社製造だった。

2008年、福岡ソフトバンクホークスが南海ホークスのユニフォームを、埼玉西武ライオンズが西鉄ライオンズのユニフォームを復刻着用した時は久保田運動具店が製作を請け負った。また一般ファンにも限定販売された。

2016年には、創業80周年を向え、自社としては、初の公式サイトを開設した。http://www.kubota-slugger.co.jp/

主要役員

代表取締役:久保田啓夫

専務取締役:久保田勝行

取締役兼福岡支店長:江頭重利(数多くの野球用品の開発を行うとともに、型付けの元祖として知られる。平成24年度第46回厚生労働省「現代の名工」を受章。平成25年黄綬褒章を受章。)

使用している主なプロ選手

読売ジャイアンツ:片岡治大、立岡宗一郎、吉川大幾、中井大介

阪神タイガース:鳥谷敬、大和、上本博紀、板山祐太郎、坂克彦、中谷将大、植田海

中日ドラゴンズ:三ツ俣大樹、亀澤恭平、若松駿太、遠藤一星、谷哲也、溝脇隼人

広島東洋カープ:鈴木誠也、小窪哲也、安部友裕

東京ヤクルトスワローズ:今浪隆博、田中浩康、三輪正義、武内晋一

横浜DeNAベイスターズ:石川雄洋、荒波翔、山崎憲晴、田中健二朗、小杉陽太、乙坂智

千葉ロッテマリーンズ:清田育宏、大嶺翔太、香月一也

北海道日本ハムファイターズ:中島卓也、谷口雄也、浅間大基

福岡ソフトバンクホークス:森福允彦、本多雄一、高田知季、金子圭輔、内川聖一

埼玉西武ライオンズ:浅村栄斗、金子侑司、鬼崎裕司、永江恭平、木村文紀、渡辺直人、水口大地、宮田和希、松本直晃、中田祥多

オリックス・バファローズ:近藤一樹、西野真弘、若月健矢、原拓也、齋藤俊雄

東北楽天ゴールデンイーグルス:後藤光尊、阿部俊人、足立祐一、内田靖人

(グラブのみ使用等の選手を含む)

ニューヨークヤンキース:加藤豪将

使用していたOB選手

読売ジャイアンツ:田辺徳雄、前田幸長

阪神タイガース:佐々木誠、中込伸、高山智行、江本孟紀、金本知憲、林威助、関本賢太郎

中日ドラゴンズ:大友進

広島東洋カープ:比嘉寿光

ヤクルトスワローズ:辻発彦、馬場敏史、鈴木健、藤本敦士

横浜DeNAベイスターズ:小川博文、篠原貴行、鈴木尚典、中村紀洋

千葉ロッテマリーンズ:平野謙 、フリオ・ズレータ

北海道日本ハムファイターズ:稲葉篤紀、新庄剛志、尾崎匡哉、河野秀数

福岡ダイエーホークス:門田博光、石毛宏典、小川皓市

福岡ソフトバンクホークス:鳥越裕介、的山哲也、星野順治、森本学

西武ライオンズ:野村克也、吉竹春樹、江藤智

オリックス・ブルーウェーブ:福良淳一

オリックス・バファローズ:吉田修司、古木克明、高波文一、木元邦之、野中信吾

東北楽天ゴールデンイーグルス:土屋朋弘

(球団名は、現役最終年に所属していた球団)

 

・「久保田運動具店」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年8月20日 (土) UTC、URL: http://ja.wikipedia.org