Maker  NAGASE-KENKO(ナガセケンコー)

取扱メーカーご紹介 ナガセケンコー

 

ナガセケンコー株式会社

http://www.nagase-kenko.com/

 

ナガセケンコー株式会社は、主として軟式野球・ソフトボール・ソフトテニスなどの球技ボールを製造・販売する会社である。

沿革

1934年墨田区で「長瀬ゴム製作所」創業。

1946年法人設立。「長瀬ゴム工業」とする。

1948年にソフトテニスの公式戦・第1回長瀬杯・関東軟式庭球大会(現在の「関東オープンソフトテニス大会」)スタート。

1950年にディンプル型「健康ボール」が、全日本軟式野球連盟公認試合球として指定を受ける。

1951年にはソフトボール(日本ソフトボール協会公認球)の製造を開始する。

1953年ソフトテニスボールの愛称「エヌワンボール」制定

1956年全日本招待軟式庭球大会(現・全日本女子選抜ソフトテニス大会)、並びに第1回全日本インドア軟式庭球大会(現・全日本インドアソフトテニス大会)発足

1980年バドミントンの日本協会公認コートの製造・販売開始

1984年インドアテニス専用コートや新体操フロアーマット製造・販売開始

1987年社名を「長瀬ゴム工業」から「ナガセケンコー株式会社」と変更する。

1988年日本協会公認テニスボール「ケンコーナックス」発売。ステファン・エドバーグ選手と契約結ぶ。

1991年卓球フロアマット製造・販売開始

1988年世界野球連盟から野球の普及・発展の貢献により功労賞受ける

 

・「ナガセケンコー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年8月20日 (土) UTC、URL: http://ja.wikipedia.org