Maker  SSK(エスエスケイ)

取扱メーカーご紹介 エスエスケイ

 株式会社 エスエスケイ

http://www.ssksports.com/

 

会社概要

1946年11月1日に佐々木恭三が京都市下京区に運動具店を創業。のちに1950年に大阪市中央区松屋町に移し、社名を「株式会社 佐々木恭商店」と改める。1956年に「佐々木株式会社」(佐々木スポーツ/ササキスポーツ)に社名を変更、1972年に現在地の上本町に本社を移す。1983年に創業者・佐々木恭三死去。1987年に現社名に変更。社名のエスエスケイは、創業者・佐々木恭三の苗字をローマ字に直した「SaSaKi」から来ている。

ミズノと同様、野球用品を主力として製造・販売を手がけ、プロアドバイザリースタッフとしては、元阪神タイガースの村山実、元読売ジャイアンツの柴田勲を皮切りに、現在は幅広いプロ野球選手とのプロアドバイザリースタッフ契約を結んでいる。また、2005年からはプロ野球セントラルリーグ審判部とも、審判服・審判用具の契約を結んでいる(パシフィックリーグはミズノと契約。2003年までは両リーグ審判部は、ミズノと契約をしていた。)

野球以外のスポーツ用品では、デンマークに本拠を置くサッカー用品の「ヒュンメル」やドイツに本拠を置くアウトドア用品の「ショッフェル」の国内総代理店として商品を取り扱っている。鈴与グループのSSKとの関連はない。

主要役員

社長:佐々木恭一

常務取締役:伊藤義博

常務取締役:石田真義

取締役:寿円佳宏

取締役:久本浩三

取締役:中井和良

取締役:菊池真次

監査役:久保利夫

監査役:藤巻光雄

(2013年10月時点)

スポンサー番組・CM

1970年代には人気アニメ『ど根性ガエル』(朝日放送制作、当時はTBS系)→『はじめ人間ギャートルズ』(同、放映期間中にNET(現・テレビ朝日)系に移行)、その後日本テレビの土曜日20時の枠(全日本プロレス中継→土曜トップスペシャル、後楽園・甲子園・広島の巨人戦開催時は土曜ナイター、本社のある地元では読売テレビ)や木曜スペシャル(1993年9月まで)、1994年から2005年まで巨人戦ナイター(日本テレビ系、原則として火曜・土曜)のスポンサーを務めていた。

提供クレジットは当初「SSKスポーツ品」名義だったが、1980年代後半には「スポーツSSK」に名義変更となった。

1970年代に、佐良直美が歌うCMソングがスポンサー番組で流され、視聴者の人気を得ていた。なお同曲は21世紀になって以降中日ドラゴンズの立浪和義が出演した当社CMでも使用された(リメイク版)。

1990年代後半頃には雑居ビルが立ち並ぶ屋上で、周囲のビル屋上にいるビジネスマン同士(必ず女子社員がいる)がキャッチボールを行ない、ビル内に入ったボールを最後に打つ。という内容のCMが放映された。その後も野球にこだわりながらも趣向を凝らしたCMを放映している。特に練習中の打球音や捕球音で「猫踏んじゃった」を演奏するCMは世界各国で高評価を受けたことがある。

 ・「エスエスケイ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年8月20日 (土) UTC、URL: http://ja.wikipedia.org