Maker  YONEX(ヨネックス)

取扱メーカーご紹介 ヨネックス

 

ヨネックス株式会社

http://www.yonex.co.jp/

 

ヨネックス株式会社(英: YONEX Co., Ltd)は、東京都文京区に本社を置くスポーツ用品メーカーである。カーボン成形において世界トップレベルの技術力を誇り、特にバドミントン用品に関しては、世界的に圧倒的なシェアを持つ。近年ではそのカーボン技術を応用し、スノーボードやゴルフといったスポーツに事業を多角化している。

 


概要

創業者の米山稔が、1946年(昭和21年)に新潟県三島郡塚山村(同郡越路町を経て、現・長岡市)で「米山木工所」を創業する。当初は漁業用の木製浮きを製造していたが、のちに漁業の技術革新により、木製浮きは必要とされなくなったため、製造品目を転換。1957年(昭和32年)に バドミントンラケットの製造を開始すると共に、これが軌道に乗る。

1958年(昭和33年)には、株式会社に改組し、輸出を拡大。1963年(昭和38年)には貿易部門を担う、株式会社 ヨネヤマスポーツ(現・同社海外営業部)を設立すると共に、急速に拡大してゆくスポーツ市場に対応すべく、工場の拡張と事業展開に伴う整備が図られる。

1974年(昭和49年)には社名をヨネックススポーツ株式会社に改称。またヨネヤマスポーツをヨネックス貿易株式会社に改称。現在まで主力となるテニスラケットの製造を本格化させると共に、1982年(昭和57年)には、社名をヨネックス株式会社に改称。ゴルフ市場に参入し、ゴルフクラブやウェアの製造を開始する。

1995年(平成7年)には スノーボード市場に参入。また2011年 Jリーグ・柏レイソルとユニフォームサプライヤー契約を結び、初めてチームスポーツであるサッカーへの参入を果たすと共に業績の拡大・安定成長を目論む。

沿革

1946年(昭和21年)- 米山稔が漁業用木製浮きの製造を主とする「米山木工所」を新潟で創業。

1957年(昭和32年)- バドミントン用ラケットへと製造品目を転換。

1958年(昭和33年)- 株式会社に改組、米山製作所に社名を変更。

1963年(昭和38年)- 貿易部門として、株式会社ヨネヤマスポーツを設立。

1967年(昭和42年)- 社名を株式会社ヨネヤマラケットに改称。

1969年(昭和44年)- アルミ製テニスラケットの製造を開始。

1973年(昭和48年)- コーポレートカラーに青と緑を採用。今日まで続く基幹ブランドカラーとなる。

1974年(昭和49年)- 社名を再びヨネックススポーツに変更。これに伴い、ヨネヤマスポーツをヨネックススポーツに社名変更。

1982年(昭和57年)- 社名を現在のヨネックスに改称。またゴルフ市場に参入。

1990年(平成2年)- 本社を新潟から東京へ移転。

1994年(平成6年)- 東京証券取引所市場第2部に新規上場。

1995年(平成7年)- スノーボード市場に参入。

2000年(平成12年)- ウォーキングシューズ市場に参入。

2011年(平成23年)- フットボールウェア市場に参入。

2014年(平成26年)- スポーツサイクル市場に参入。

ロゴマーク

「空」に由来する青と、「大地」に由来する緑をコーポレートカラーに選んでいる。シンボルはこれら2色の帯に創業者のYoneYamaの2つのYからとった yy のロゴを組み合わせたもの。

現在までにデザインが2回微修正(初代:yのマークはvと○、2代目:yのマークは▽は斜め線が1本入ると○)されていて、現在使用されているロゴは3代目(2代目を継承)の物である。またかつては1980年代後期には、同社のロゴマークについてのテレビCMを「ニュースステーション」(テレビ朝日系)などの番組でテレビ放映していたことがある。

 

主要品目

バドミントン(DUORA・NANORAY・VOLTRIC・ARCSABERなど)

ラケット

ウェア

シューズ(パワークッション)

ガット

他用具・用品

ソフトテニス

ラケット

ウェア

シューズ

テニス(硬式)

ラケット

ウェア

シューズ

ゴルフ

クラブ

ウェア

シューズ

用品

スノーボード

用品

ロードバイク

フレーム

ウォーキングシューズ

フットボールウェア

スポーツアクセサリー

など

 

・「ヨネックス」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年8月20日 (土) UTC、URL: http://ja.wikipedia.org